人生爆裂迷走中! My表現を求める同人野郎の日々つれづれ。
今年もよろしくお願いします!
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
Entry
Categories
Archives
Comment
My Tweets
My DO-JIN Writing Novels
Fukkan vote
Link
Profile
Material
Others


本年の活動
2016/01/16 11:04
お久しぶりの更新です。

さて、本年、現時点での活動予定。
現時点では全て「予定」ですのであしからず。

【同人誌即売会】
・コミティア116(5月5日 / 東京ビッグサイト)
  ティア内部活動『ヒロイン☆ふぇすた』参加予定
・コミックマーケット90(8月中旬 / 東京ビッグサイト)
・そうさく畑 Final (秋頃 / 神戸サンボ―ホール)
・コミックマーケット91(12月末 / 東京ビッグサイト)

【エキストラ活動】
・1月27日 NHK-BSプレミアム NHK岡山放送局 地域ドラマ『インディゴの恋人』
・2月 さぬき映画祭 上映作品『カンカンSUN』

と、なります。

見てくださる方、どうぞよろしく。
 

【岡山イベント】ぶちコミに行ってきたハナシ
2013/03/31 15:40
岡山ドームにやってきました。

NCM_0109.JPG


というのも地元イベントへの久々の参加を検討するにあたって、何かしらの情報・材料が欲しいと思ったから。
とりあえずイベントの傾向を見ておくのは大事かな……と。

そう。今はまだ確定ではないですが『創庫Kaleidoscope』は久々に地元イベントである「ぶちすげぇコミックバトル」(通称:ぶちコミ)への参加を検討しております。

ちなみに本記事には会場外観とパンフ以外には写真が無いのですが、これは『ぶちコミ』が写真撮影厳禁のイベントであるため。このイベントの写真撮影には有料申請が必要で、しかも撮影自体も特定エリアに限られるという徹底振り。
まぁ、その辺りは地方イベントにはよくあることなんで、ご了承ください。
よって施設の規模内観などは岡山ドームの公式サイトとかWikipedia記事などを参照していただければ幸い。
ドームとは言いますが、軟式野球(ソフトボール)のフィールドがギリギリ入る程度の広さなので、それほど大きくはないです。

さて。
まず「ぶちコミ」は参加者パンフ全員購入制のイベントなので、まずは700円でパンフを購入。
久々の薄いパンフに懐かしさを感じながら入場しました。

NCM_0111.JPG

パンフレットは右側の2色表紙の冊子。
左のカラー表紙は委託コーナーで買った開催50回記念時に出されたアンソロ本です。コミケで言うならばプレス総集編みたいなもの(あくまでも「みたいなもの」です)かな?
まぁ「ぶちコミ」にプレスに該当するようなモノは……巻末記事くらいなものですが。

んで「ぶちコミ」での岡山ドームのフィールドの使い方なんですが、まず客席スタンドを前方に見てステージがあり、その前に島2つ分足らず程度のスペースを空けています。
そのスペースの左側に島を(ステージから見て。以下同じく)縦に2つ。右側に島をやはり縦に3つ。ひとつの島に約24サークル(島のステージ側の誕生日スペースは空白にしてありますので実質22サークル配置)が入る形になっています。これが、いわゆるステージ&前列。
前列の後ろ側、今度はステージ前スペースを空けずに同様の島(こちらは島1つ24サークル配置)が3つ。さらにステージに向かって右横に小さな島(16サークル配置)を設置してあります。
ここまでが、いわゆるイベント・物販スペース
ちなみにステージの横には(たしか地元独立系の)某声優スクールによる勧誘案内所(私が関わってるトコじゃないです)があったり。あとナゼかステージを挟んで逆側に自衛隊のスペースがあるんですが(滝汗

さらに、物販スペースから見て、ドームの入り口側・五分の一程度のスペースが本部および委託販売のスペース。
その逆となるドームの奥側、五分の二がコスプレイヤーのための更衣・メイク・荷物スペース。

ここまでの内容が「ぶちコミ」における岡山ドームの客席スタンド側五分の三程度のスペースに詰め込まれています。

では、その後ろ五分の二のスペースは何に費やされているのか。答えはコスプレ広場です。
ものすごく広々としてます(爆)

……うーん。これで少しはイメージしてもらえるでしょうか。
スペース割り、解りづらいですね、えぇ。
申し訳ないです。

んで、ココまで説明してのイベントの傾向なのですが。

私が参加していた頃よりもガチで本が少ないです(滝汗
いやマジで。

出ている本も各サークル、コピー本の比重が高いように感じました。

そして、このイベントでメインを張っているのは主にラミカや缶バッジ・アクセ等のグッズ類

うーん……。
オリジナル小説サークルで打って出るのに、自信を無くしちゃいそうだなぁ(滝汗

いや、小説サークルさんもいたんですけど。
書いている内容が大抵ディープでガチな80年代型ファンタジー系列。
いわゆるラノベ黎明期に出ていたタイプの、あの傾向の作品。

悪くは無いです。というか、試し読みしてみて、ものすごくこだわりを感じる良作だとも思いました。
しかし……つ、ついていく自信が(汗
結局、激しすぎて購入は二の足を踏んでしまったし……申し訳ないことをしたかも(涙

結論として、私が「ぶちコミ」を離れ出した頃(あの頃はジャンプ系がかなり強かった)から傾向はあったのですが、コスプレメインの女性向け(もっと突っ込んで言えば腐向け?)イベントとしての側面が、かなり強く打ち出されるようになっていました。
正直、メイン出場がコミケやそうさく畑だからか、どこか違和感を抱いてしまいそうに……。

でも、これ自体は、正直、岡山の同人界全体の潮流なのかもしれないです。
先だって岡山で新たに産声を上げたCOSBICも同様の傾向を持っていますしね。
私が出るとするならば、ココに新たな風を吹き込めるか否かがポイントになろうと思います。
(……あくまでも心意気のハナシであって、出来るかどうかってのはあまり考えてないですが)

と、まぁ。
印象・雑感はこんなトコ。

問題は私がコレに色んな意味で打って出るべきか否かってコトなんですが。
まぁ不安もあるんですが、せっかくの地元……。
でもウチが出れば、販売アイテムは、ほぼ小説同人誌オンリーなんですよね。
CDドラマも一応ありますけど。

うーん(悩



【追伸】

 あいもかわらずの活動をなさっている某撤収サークルのみなさま。
 様々なお話を聞かせてくださり、ありがとうございました。




JUGEMテーマ:地域/ローカル


畑の裏話 【地下鉄エコカード乗倒記】
2013/03/27 13:30
さてさて。
前回の『そうさく畑』レポで移動に利用したエンジョイエコカード。

2013-03-26-02-41-08-733_1.png

さすがに梅田OMM(天満橋)の往復だけでは、いくらなんでも、もったいなさすぎるというもの。
とりあえず『そうさく畑』が終了した後、あちこち乗り倒すコトにしたのでありました。

まず天満橋→東梅田で梅田に戻り、残った荷物をコインロッカーに預けて身軽になる。
その後、周辺を散策。

だって時間に余裕もあるし、朝と違ってもう迷ってもいいしね<マテ

……まぁ、ソレは冗談としても。
大阪に来たら絶対に食べてる、梅田『はなだこ』のタコヤキだけは抑えておきたかったワケで。

あっちこっち変わっているダンジョンを散策の果てに、なんとか件のタコヤキ屋の目の前にある信号に直結してる階段を見つけたワケで。
しかし『はなだこ』に行ってみると、まぁ相変わらずのステキな行列っぷり。

……頼もしいじゃないか(爆

食べたら、しっかりと17時を過ぎていたワケです。

また東梅田まで歩くのもめんどかったので、次は梅田本町堺筋本町恵美須町

おなじみ、みんなのオアシス・日本橋

日本橋なのに日本橋駅で降りてはいけないという初心者向けの軽い罠 には、もはや、かかりなど、しません。

正直、ココは歩いているだけで落ち着く、個人的な癒しスペースなのですが、それでも最近はお色気系(アダルトビデオショップやらメイド系ファッションカフェやら)の店が増えて、少し目のやり場に困る場所も増えてきました。

まぁ、その混沌が大阪なんだがな!(自爆

別に日本橋にアキバと同じモノなんざ求めちゃいません
つーかアキバと同じになっちゃ嫌だ心から絶叫しましょう。

このディープな裏街道ぶりが歩き慣れた人間にとってはタマラナイわけなのです。

でも結局、たいした買い物はせずにウィンドゥショッピングで終わってしまった(汗
まぁ、そんなもんです。

次は恵美須町堺筋本町阿波座と移動。

駅改札から出て歩くこと15分ほどでしょうか。

NCM_0101.JPG 

同人屋のような安宿ユーザーには知られたホテルグループ「スーパーホテル大阪・天然温泉」のお風呂「花乃井」に突撃。

NCM_0100.JPG

町屋を思わせるような門を抜けると……。

NCM_0099.JPG

入り口が。入ると更に階段を地下へ。
そこに靴箱・券売機・カウンターがあったり。

実はココ、エコカード提示による値引施設のひとつ。
通常料金1680円が、なんと1000円にっ!!!(自爆
(注意:3月までのサービスです。4月以降は会員価格の1260円になります)

ゆったりと入浴してイベント疲れを癒させてもらいました。

……とった。

コレで元はとったぞ! ……たぶん。

こうして、ゆったり癒され、湯上りの風に吹かれながら阿波座駅へ。

最後に阿波座谷町四丁目東梅田

コインロッカーから荷物を受け出して、本当に帰途へついたのでありました。
……ロッカーに入りきらない荷物(竿物)を預かってくれた東梅田駅コインロッカーのおじさん、本当にありがとうございました。
あぁ、ナニワの人情が身に染みる(涙

ちなみに土産売り場で家族の土産に『面白い恋人』を買ったのはヒミツ。
しかも店頭で「パッケージ切替寸前! 買うなら今!」とか、明らかに北海道の神経を逆なでしまくりそうなPOPを掲げていたのも秘密にしてあげたいと思ってみたり、みなかったり(爆

というワケで「そうさく畑」裏旅程でした。お粗末!

春のみのりの収穫祭 〜そうさく畑 2013 顛末記〜
2013/03/26 05:30
 ※はじめに
内容に対して画像が少ないですが、ご容赦ください。また、諸般の都合により今回の記事に使用している一部画像にはPNG形式のものが含まれております。一部環境においては、これらの画像が表示されない場合がございます。ご了承ください。


と、いうわけで3月24日。
行ってきたのであります。

いまさら「どこへ?」とか聞く人は、いなかろうと思うのですが、あえて言いましょう。

創作系同人誌オンリーイベント最大手のひとつ

そうさく畑

に、行ってきたのです。
サークル参加者として。

と、言うワケで、軽く流す感じで、イベント参加後の決算記事。

お馴染み「顛末記」シリーズ、いってみよー!



さてさて、いつものコミケと異なり、このイベント。
いくつかシャレにならないコトがあるんですが、その一つがシビア通り越したタイムスケジュールの瀕死具合。もはやコイツは私に限らず「畑」の名物だったりします。
私も何度か飛び石的に参加させて頂いていて、ある程度は解っているつもりではあったのですが、やはり出るたびに、まだまだ甘い事を痛感させられています。
まぁ、正直、それはタイムスケジュールに限ったコトじゃないのですが、ソレはソレとして。
今回はガチでソレを骨身に染みて味わう結果となったのでした。

まぁ、そんなイベントなんで参加に際しては事前にどれだけの下準備ができるか、というのが重要になってきます。
もちろん今回も必死に家で準備をしてきましたが……そこは創作同人小説界隈のパルプンテサークルたる私「創庫 Kaleidoscope」(もちろんよろしくない意味で)ですから、やっぱり陥穽の落とし穴にガッツリとハマるハメに陥ったのでありました。


まぁ、自分なりに準備万全と思い、泣く泣くニチアサタイムをぶっちぎって地元を発った朝早く。駅には8時半の到着。そのまま、のぞみ自由席で大阪へ。
……思ったよりも客が多くて立席乗車になったけど(滝汗

そして気付くのがスマートフォンの予備充電用ユニットが荷物にないという事実。
ドコが万全だキサマ。電池が切れて連絡等がつかないと家族がいらん心配をするぞ。

まぁ充電もソレナリにあるし、大阪に到着してからも時間もあるし。
畑が始まる前に、いつものように梅田のヨドバシで補充しとくか……。

と、思ったのが最初の間違い

そうなのです。
梅田―――すなわち大阪駅は先だっての新駅舎グランドオープン&地下大改装のせいで以前の私の知識が通用しない魔窟と化していたのでした。

ただでさえ、日々成長するとすら例えられる梅田地下街。
そこに大改装の工事が加われば、そこはまさしくウメダンジョン
予備知識の不足した状態で放り込まれた「村人・レベル1、つかえるじゅもん・パルプンテのみ」は、まさしく哀れなる生贄。
結果として必要以上に駆けずり回って必要以上にHPとTimeを奪われる結果となってしまったのであります。

それでも、なんとか地下鉄梅田駅に到着。
さて、いつものICOCAを……忘れた(滝汗

おんどりゃあ、どこが万全じゃ!
カンペキにザルじゃねぇか!

しかし思い直したのは、この日が土日祝であるという事。
そう。前々から気になっていたアレを買って使おうと思ったのです。
大阪市営地下鉄一日乗り放題乗車券。

エンジョイエコカード〜〜
(↑あの日本一有名であろうネコ型ロボットの声(できれば先代の)で)

2013-03-26-02-41-08-733_1.png

券面の説明の通り、コレ一枚で大阪市交通局管轄のあらゆる交通機関が乗り回せる乗車券。
少なくとも地下鉄を数回ほど乗り倒せば、十分にお釣りはくる。
さらに時間があれば市内いくつかの観光地他いくつかの施設で入場料を割り引いてくれる。
よしよし十分にスマートなリカバリ<どこがだ

かくて梅田本町谷町4丁目と乗り継いで会場最寄駅である天満橋に到着。
え? 梅田駅に来てたのだから東梅田から乗りゃいいじゃないか、と?
……少なくとも、あの時点で私はこれ以上、梅田の地下をさまよいたくは無かったのですよ。


天満橋と会場である大阪OMMビルは地下通路直結となっていて、ソコは迷うコト無く到着。
(そもそもランドマークとしてOMMビルへの案内矢印がキチンとあるので迷いようが無い)
OMMビル地下入口のサイネージ(電子掲示板)には、かっちりと「そうさく畑」の文字。

かくて無事に「畑」の会場へと、本開場前に到着できたのでありました。

…………

サークル入場開始から15分も遅れたがな!!(滝涙


続きを読む >>

【入稿完了】そうさく畑2013新刊の案内
2013/03/20 01:24
3月24日、大阪OMMビル2Fホールにて開催される『そうさく畑 収穫祭 2013』まで、あと4日に迫っております。

かねてからのアナウンス通り
Kaleidoscope


4丁目 1番地


にて、サークル出展を行います。
そして案内がギリギリになってしまいましたが

新刊出します!


『AicE』シリーズ最新刊『AicE 7』!
入稿も無事に終えて、満を持して(?) の登場です!
印刷会社がキチンと取り計らって下されば、大丈夫……な、ハズ。

では。

青山の姐さんのトコで原画を見ている方もいらっしゃるでしょうが、恒例の表紙公開!


↓そうさく畑・新刊『AicE7』の正式な表紙です↓
Aice7表紙


…………。

断っときますが。

18禁作品じゃねぇですよ!<断言

R-15作品でもねぇですよ!<喧伝

健全作品ですよ!<力説&声高

いやマジで。
ちなみに今回の表紙も当方の指定によるものなので、姐さんには何の罪もございません!
ええ、そらもー。

健全作品なのに、なんで、こんな表紙絵になっているのか。
それを知りたい方は……。



そうさく畑の当日・24日
 
作品をチェックだっ!!!


本作から『AicE シリーズ』は新章へと突入します。
……まぁ、それでも結局は前回の続きなんですが(滝汗&苦笑

とにもかくにも皆様。
当日はぜひとも『そうさく畑 収穫祭 2013』にお越しくださいませ。

でぁでぁ。

1 / 10
←prev next→