人生爆裂迷走中! My表現を求める同人野郎の日々つれづれ。
今年もよろしくお願いします!
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Entry
Categories
Archives
Comment
My Tweets
My DO-JIN Writing Novels
Fukkan vote
Link
Profile
Material
Others


ボイスドラマ「Wing」収録
2012/08/25 00:06
以前より話題にしていた戯曲版『Wing』

これを元としたラジオドラマが先日、収録完了しました。
ただいま必死に使えるBGMとSE(フリー素材)をアチコチ漁り中です。

しかたないじゃんよー。
音響編集をやってくれる人はいても、音楽素養や音響収録のセンスあるヤツがメンバーにいないんだから(涙

それはさておき。

やはり今回(つかいつも)の敵はいかんせん「時間」でしょうか。
なんせ脚本配布から1ヶ月、合わせナシ、収録時間2時間弱というトンデモ強行軍で行われた収録作業。
そんなんでマットーな作品になるかと言われたら、そりゃあ、なるワケが無いのです。(苦笑

いや、そらもー、ナメるわ、噛むわ……(涙
特に噛みが致命的。
まさしく噛み様大行進(自爆
時間が無いから半分ほどタイムキーピングに追われたgdgd収録となった事は否めません。

では時間を置けばマトモな作品が上がるのかと言うとソレはソレ。
今度は時間を置いたことで油断されてしまい、日常に取り紛れるうちにダレてマトモな作品にならねぇという罠が待っていたりする事も(滝汗

もーちょっと本気でやろうよ (自分含む)

結果的には(相も変わらず)イキオイだけのシロモノに成り下がった感は否めません。
イキオイが全く無い作品よりかはマシだがな!

それでも、みんなはこーゆーの好きだし頑張ってくれたとは思うのですが。
私たちにもひとつ欠けた視点があるとするなら「客を想う視点」だと思うのですよ。
だからというワケでもないのですがCDプレスとリーフレットが間に合えば今度のコミケに出してみたいとは思います。
全員、未熟は承知の上。それでも願わくばよい言葉が聞ければ……と思わずにはいられない。


しかし……いくらで出すんだ、こんな噛みっぷりのハゲしいボイスドラマ(涙
それ以前に買ってもらえるかが問題なのだが(超自爆




The Clock of 100 years...
2012/07/04 00:31
実は僕、地元のフィルムコミッションに人員登録していたりします。
つまり「エキストラのご用命がありましたら都合つく限り協力します」ってコトで。

実は何回か、お話はあったんですが都合がつかなかった……という。

しかし今回は無事にスケジュールが噛み合った。

てなワケで通行人のエキストラにチャレンジしてきました。

ただし「いつ」チャレンジしたかは、あえて伏せさせてもらいます。
あと写真とかなんとか、そんなモンは一枚もありません。

……あのね? 世の中にはね?
著作権、とか、肖像権、とか、ネタバレ禁止、とか、そーゆーね?
イロイロとややこしーモンがあるんですよ。

まぁ、多少、歯にモノが挟まったが如き表現になるかもしれませんが、ご容赦下さい。
続きを読む >>

『Wing』戯曲版
2012/05/24 02:10
何を血迷ったか音声劇(要はCDドラマ)の脚本を書くことになりました。

というか前から「自分も書く、書く」と言っていたものの、なかなか手を出せずにいたのですが、所属していた音声劇サークルの活動が、一段落した事を受けて「じゃあ脚本やるよ」と……よくよく自分で自分の首を絞める事が大好きな自分のようです(滝汗

最初は別の人の原作を脚本に起こそうか、とか、フルオリジナル脚本で行こうかとか考えたのですが、結局は自分が一番やりたい作品に落ち着いたというか、落ち着いて「しまった」と言うべきか……。

かくて『Wing』戯曲版を書いてしまいました。

いいのか、俺(汗

続きを読む >>

観劇・貧乏物語
2010/08/29 23:20
知人の伝手で表町は城下近くへGo!
天神町の文化プラザへ朗読劇を見に行く事になりました。



題は『貧乏物語』。
作は「井上ひさし」氏。
おぉ、巨匠作品!

ま、何ですね。
福祉ほか社会学系かじったヒトは、もしかしたらピーンとくるかもしれない。

そう。かの論評『貧乏物語』を著した河上肇教授の生き様をモチーフにした演劇です。
……僕、読んだこと無いけど! 別にソッチの思想にゃ用が無いから、これからも論評の方は読まないだろうけど!(爆

結構アレンジされてたようですが(汗

まぁ面白かったです。

問題は、まぁまぁ。
大声ばかりで演技に載せる表情がちぐはぐになりがち?
ん〜でも僕も人のコト言えないし(苦笑

劇が終わった後、知人に挨拶して帰途につきました。

ちなみに大変だろうと思って表町では少し知られた、あんパン専門店『あんぱん堂』のあんパンを10個ほど買って差し入れときました(笑
感謝されたんで、後輩として、それはそれでヨシ!



先輩方のテクニックを何とか盗もうと食らいついて見たワケですが……まぁ、成果は舞台で示す事にします。

これから頑張らないとっ!

voice impact!
2010/08/22 23:00
プロフィールにもあるとおり、某養成所に通っている相香。
当たり前ですが養成所と言うからには、そのテの人を育てているワケでして。
毎度のレッスンもさることながら、年に1回程度の割で養成所の上位となる本部(芸能事務所)に入るためのオーディションがあります。
ソコで上位受賞ができたなら(レッスン生であるという身分は変わりませんが)身分が本部に登録され、その斡旋により声俳優として仕事を受ける事も出来る……という。

今年は7月に本部召集があり当然の事ながら私も受けに行ったワケなのですが。
まぁ「見事に玉砕」という言葉が当てはまる当てはまる。
事務所所属の某先輩にして師匠のお言葉を胸に「全力全開!」と心に決め、やって見せたはいいですが。
……やっぱ男でありながら「女の子声」まで披露したのはやりすぎだったのか!?
とか思わないでもないでした。
審査員の皆さんには、何か、モロにウケ(笑われ)てたような気もしていましたが。

んで、やりきった気分で「とりあえず次か」と思い今日もレッスン。
ところが今日レッスン所に行ったら、私の名前(本名)が貼り出してあるワケなのですよ!

……やった? (別の意味で)

いや、オーディションの結果発表で賞を取った人(たしか総勢6人)の一覧の中に自分が入ってる!

……やった!(ホントの意味で)

そうです。上位とは行きませんでしたが、受賞者となりました!

全国展開やってる養成所なもんでオーディションの競争率も……なカンジ。召集に応じたのは北は北海道から南は九州まで総勢50人少々。その中の6人に自身の技量でムリヤリではありますがネジ込んでの受賞。
下位受賞でも、十分に胸を張れる。というか、今回ウチの支部で賞取りは私だけーっ!(浮
……でも競争率は1割超えてるあたり、まだまだなのかな?

支部の皆から「岡山校にキミありだよー!」とか祝福の言葉をいただき、嬉しいやら照れくさいやら……。
謙遜するけど自慢ではあるんで、イヤミにならなかったかな? とか、ちと心配ですが。
でも嬉しいのですよ!

さて、そんな私の受けた賞。

インパクト賞

だったりします。末賞……と言うか、新設賞と言うか。
というか、開催のアナウンス時にはンな賞、無かったよね?
まさか……ホントに私が創った?<違

さぁて、末賞とはいえ、賞を取った。
コレが吉と出るか凶と出るか。
できればこのまま、本部にも登録されたい! でも多分ムリ! 世の中はそんなに甘くない!

やっぱり次に向かって、頑張るしか、ありませんなぁ(溜息

ちなみに最優秀賞をGet!された方は、既に本部に登録されていて何回かそのテの仕事をされている方。
会場でも思ったけど……もう既に本部登録されてるアンタが受けてどーすんのさー!
とか心中でツッ込んだのは、ちょっとしたプライベートジョークかと(爆)