人生爆裂迷走中! My表現を求める同人野郎の日々つれづれ。
今年もよろしくお願いします!
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Entry
Categories
Archives
Comment
My Tweets
My DO-JIN Writing Novels
Fukkan vote
Link
Profile
Material
Others


The Clock of 100 years...
2012/07/04 00:31
実は僕、地元のフィルムコミッションに人員登録していたりします。
つまり「エキストラのご用命がありましたら都合つく限り協力します」ってコトで。

実は何回か、お話はあったんですが都合がつかなかった……という。

しかし今回は無事にスケジュールが噛み合った。

てなワケで通行人のエキストラにチャレンジしてきました。

ただし「いつ」チャレンジしたかは、あえて伏せさせてもらいます。
あと写真とかなんとか、そんなモンは一枚もありません。

……あのね? 世の中にはね?
著作権、とか、肖像権、とか、ネタバレ禁止、とか、そーゆーね?
イロイロとややこしーモンがあるんですよ。

まぁ、多少、歯にモノが挟まったが如き表現になるかもしれませんが、ご容赦下さい。
その日は朝の5時半に家を出たのです。

そんなに早くドコへ行ったのかと言えば琴平に赴いたワケでして。
琴平駅の駐車場に7時集合予定。到着は6時半過ぎ。
そして撮影場所に移動。

琴電琴平駅にてヤジ馬ってきました。

いやホントに撮影風景のヤジ馬ってワケじゃなくて。
エキストラですから。
早い話がヤジ馬役ってコトです。

まぁ「頑張れよー!」とか、役者さんたちが演じてる有名人がやってるイベントを写真に撮ったりとか。
そんな役をやってきたワケです。
(あくまで「役」だから撮影してないゾ)

しかしね。
場面撮影終盤に差し掛かったとき、列車が入線してきたのですが。
私ゃ目を疑いましたよ。

だって……

高松琴平電気鉄道3000系-20系連結電車が。

コレは鉄なら……いや鉄でなくとも地元ィーなれば興奮するレトロ電車。
詳細や画像はwikipediaの該当記事を見てもらうとして、ヘッドマークとか窓ガラスが映画仕様なワケですよ。

もう、感激すぎて言葉無いですよ、コレ。
エキストラに行かなければ生で見れないワケで。
パンダグラフがガチャーンガチャーンって。

いや行ってよかった。



んで別の日。

今度は昼の3時、片原町駅に集合。

ところが待てど暮らせど映画の本体が来ない。
午前中の撮影が押していたらしく、結局1時間半待った。
……ま、しょうがないですよね。

そして今度は通行人役を頑張ってきました。

頑張って主張してきたつもりではありますが。

自分含めてエキストラみんなが、あっちからこっちへ移動。
さらに名指しされた数名が、こっちからあっちへ移動。

自分の動きも考えると明らかに同じ通行人が何度も登場して映像が矛盾するような気もするのですが、細かいことは気にするな!

まぁ通行人をそんなにマジマジと見る奴ぁいねぇよ(爆

自分なりに演技はしてきたので、個人的には満足です。

人はコレを自己満足というのです。<マテ

あと補足として酔っ払いが映画撮影スタッフに絡むというトラブルが……。
ロケってやっぱりトラブル・フリーでフリーダムなのですね(滝汗

つか絡むなよぅ……瀬戸内の恥だよ。



そうやって頑張ってエキストラしてきたのです。

しかし、そんな私を出来上がった映像で探すのはウォーリーよりも難しいかも。

それ以上に自分の登場場面が全部切られる可能性のほうが高くないかい……? とも思ってみたり。


映画そのものは10月に香川にて先行公開予定。
11月に全国封切予定……なのだそうです。

いや、どこぞの現ぷろ(一日単位貸し出し上映)みたくな扱いになる可能性も否定は出来ませんがね?<なんという恐ろしいコトを!



興味のある方は以下の公式サイトで公開日などをチェックして見てやって下されば嬉しいです。
なんといってもことでんネタですからね。鉄とかにはオススメかもしれません。


映画『100年の時計』サポーターズクラブ





Comment










この記事のトラックバックURL

http://say-you.k-sousaku.com/trackback/36

この記事に対するトラックバック